【徹底解説!海外一人旅の準備】時期は?いつから?どんな準備がいるの?

ナヤミちゃん
【今回の悩み】
・一人旅の準備は
いつから始めたらいいの?

・どんな準備を
しておくといいの?
はら
そんな悩みを解決します!

初めての海外一人旅では、
航空券やビザ、
アメリカの場合はESTAなど、
前もって準備をしておかなければ
行きたい場所に行けなくなって
しまうことが考えられます。

とは言っても、
いつ頃からどんな準備を
すればいいのかって
初めてではわからないものです。

準備の仕方と流れを確認して、
旅への不安を解消しましょう。

この記事の内容
・一人旅の準備はいつから?
・どんな準備が必要?

・どんな流れで準備すればいいの?

 

この記事のメリット
一人旅の準備の時期や流れを知ることで、
旅の不安が解消できます。
計画的に準備を行うことで、
より一人旅が充実したものになります。

 

この記事の信頼性

僕は初海外一人旅で
フィリピンや南米、アメリカを含む

数カ国を270日間旅しました。

実際に一人旅をする前に
行った準備の内容や流れ、
こうしておけばよかったと
思うこと等をまとめています。

 

一人旅に出る前に!
海外一人旅するなら、英語が喋れた方が10倍充実します。
最短で英語を話せるようになるには、フィリピン留学がおすすめ。
1ヶ月9万円のマンツーマン留学で英語を身に着けましょう。

英語が喋れないならフィリピン留学へ行け!ワーホリ・世界一周前に行くべき3つの理由

 

一人旅の準備はいつから?

思い立ったらすぐ始めよう

一人旅を思い立った時から
準備を始めましょう!

それが1ヶ月後でも、
行きたいのならば
「準備の時間がない、、、」
と思わずに行った方がいいです。

自分の願望には
素直になりましょう。

そして、決断しましょう。

 

準備の時間があまりに短いと、
旅に制限が出てくる可能性があります。

例えば
・パスポート取得が間に合わない
・ビザが取得できない
・航空券が高い
・予約の必要な観光スポットに行けない
・泊まりたい宿の予約が取れない
・必要な情報を集める時間がない
・準備がおろそかになる
などが考えられます。

特に行きたい場所に
行けなくなってしまうことが
一番もったいないですよね。

一人旅を思い立ったら、
できるだけ早く
準備を始めましょう。

 

早く準備するメリット

・航空券が安く購入できる

航空券は日が近くなればなるほど、
どんどん値上がりするものです。

たった1日で何千円も値段が
変わってくることもあります。

 

・泊まりたい宿に泊まれる

宿にこだわりたいのならば、
早めに予約が必要です。

やっぱり早めの方が、
安くて良い宿が見つかります。

 

・余裕を持って準備ができる

ただでさえ入念に準備しても
何が起こるかわからない一人旅。

焦らずにじっくりと考えて
準備ができるようにしましょう。

心のゆとりが一番大事です。

 

・十分な情報収集ができる

1番必要なものは情報です。

観光情報、治安の情報、
物価、マナー、交通手段

これらは最低限
知っておかなければならない
情報です。

旅出てトラブルに
合わないためにも
現地の情報はしっかりと
調べておきましょう。

 

・必要な持ち物が準備できる

旅に必要なものは、
国の気候や環境によっても
変わってきます。

服装や荷物、
変圧器や変換プラグ。

百均でいいものと、
質の高いもの。

必要なもの、不要なもの。

いろんなことを考えて
揃えていく必要があります。

時間をかけて厳選できる
ようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

どんな準備が必要?

「行く」と決断する

ここが最初のスタートですね。

僕はここまでが
一番時間がかかったし、
大変でした。

覚悟を決めて、決断すること。
そこが一人旅のスタートです。

 

簡単な目的があるといい

あまり目的にこだわりすぎる必要は
ないですが、簡単な目的は
持っておいた方が旅がブレなくなります。

僕の旅の目的は、
「ワクワクする景色を見ること」
「英語を喋れるようになること」でした。

あんまり考えすぎると
旅が制限されてしまうので、
きっちりとは決めすぎない方が
いいかなとも思います。

 

情報収集

現地の情報がなければ、
航空券も買えないし、
服装も決まらないし、
最悪入国すらできません。

時間をかけて何度も
情報収集しましょう。

 

・行きたい場所の情報
観光スポット、治安、マナー、
言語、交通手段など

・ビザが必要かどうか
<ビザの必要な国>
ロシア、北朝鮮、サウジアラビアなど

・大まかな観光ルート

・必要な費用

 

渡航に必要な手続き

手続きには日数が
かかるものもあるので、
早めに申請方法を
確認しておく必要があります。

<必要なもの>
・パスポート
・航空券
・ビザ
・海外旅行保険
・クレジットカード

<あると便利なもの>
・国際運転免許証
・国際学生証

 

持ち物の準備

持ち物を確認して、
必要なものを揃えましょう。

 

 

スポンサーリンク

どんな流れで準備をすればいいの?

お金を貯める

お金がないと旅に行けません。

可能な限りは貯めましょう。

なくても行けなくもないですが、
やっぱりお金があるに
越したことはありません。

お金がないと、
行けない場所や
やりたくてもできないこと
が出てきます。

 

パスポートを取得

パスポートを取得すると、
ワクワク感が生まれます。

特別急ぐ必要はないですが、
早めに取得しておくと良いでしょう。

パスポートには、
5年券と10年券があります。
(20歳未満は5年のみ)

 

<発行にかかる期間>
土日祝、振替休日、
年末年始(12/29~1/3)
を除いた6日間。

 

<必要な書類>
・一般旅券発給申請書
・戸籍謄本(または戸籍抄本)
・住民票の写し
・証明写真
・本人確認書類

 

<申請できる場所>
住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口

パスポート申請先都道府県ホームページへのリンク

 


 

情報収集

情報は多ければ多いほど良いです。

例えばこんな情報を集めましょう。
・現地の観光スポット
・現地での交通手段
・現地の気候
・現地の治安
・現地の物価
・現地のマナー
・現地語のフレーズ

 

行く場所・時期を決める

航空券を買うには、
場所と時期を決めなければ
いけません。

場所に合わせて時期を
決めるのもいいですが、
あまりにも行く時期が
遠くなってしまうこともあります。

先に時期を設定してから
渡航先を決めるのもいいでしょう。

 

半年〜3ヶ月前:航空券を購入

航空券は4〜5ヶ月くらい前が
安いことが多い印象です。

時期や場所によっても
変動するので、
比較してみることをオススメします。

海外の格安航空券の比較は
Sky Scanner」が
オススメです。

 

3〜1ヶ月前:ビザの申請・保険等の手続き

<観光ビザ>

日本のビザは世界一なので、
多くの国へはビザなしか
アライバルビザ(入国時に申請)
で訪れることができます。

しかし、国によっては
事前にビザを申請しておかなければ
入国できない国があります。

観光ビザの申請については、
渡航する国や地域によって
内容が変わるので
よく確認をしておきましょう。

 

以下の国への渡航は
事前にビザの取得が必要です。

ロシア、北朝鮮、アルジェリア、アンゴラ、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、チャド、中央アフリカ、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボアール、赤道ギニア、エリトリア、ガンビア、ガーナ、リビア、マリ、ニジェール、ナイジェリア、シエラレオーネ、南スーダン、イラク、シリア、サウジアラビア、イエメン、キューバ、ナウル、アフガニスタン、ブータン、トルクメニスタン、パキスタン、リベリア
※アライバルビザ(空港や海港到着後に取得可能なビザ)で入国可能な国は含みません。(2019年11月現在)

ESTA Online Centerより

 

例えばロシアの場合、
観光ビザの申請は
90日前から行えます。

申請時期によって
料金が変動することも
あるので、余裕を持って
申請しましょう。

 

 

<海外旅行保険>

海外旅行保険については、
加入しておくことを
オススメします。

僕はフィリピンで
水が耳の中に溜まってしまい、
病院を受診しました。

盗難等についても
保証される場合があるので、
加入しておくと良いでしょう。

申請については
渡航の当日でもできます。

しかし、内容や料金は
保険会社によって違うので
こちらも早めに比較して
申請しておくと安心です。

 

<その他申請>

・クレジットカード

1枚でもいけますが
もし使えなかった場合に困るので、
できたら複数枚あると安心です。

 

・国外運転免許証

お金を払えば取得できるので、
海外で運転する可能性がある場合は
取得しておくといいでしょう。

発行から1年間有効です。
(国外運転免許証で運転できる国は
ジュネーブ条約加盟国に限られる)

運転免許センターか
警察署で申請が可能です。

運転免許センターだと当日、
警察署なら後日交付となります。

 

・国際学生証

学生なら、海外でも
学割が効くところがあります。

 

1ヶ月〜1週間前:パッキング

旅行に必要な持ち物の準備も
早めにすることをオススメします。

一度で済ませようとするのではなく、
何度かパッキングを
してみることをオススメします。

試しに一度
実際のバックパックや
スーツケースに入れてみて、
どんなものか見ておくと
いいでしょう。

きっと思いの外重たくなったり、
意外と入らないということに
気付いたりと、発見があるでしょう。

僕も何度かパッキングして、
不要なものを削って行きました。

 

 

スポンサーリンク

何事も早めに準備するべし!

まとめ
・思い立った時が準備を始める時!
・早く準備を始めると安心、安全
・早く始めると旅が充実する
・ヤバいと思ったらすぐ始めよう!

 

はら
初めての一人旅、
しっかりと準備をしたつもりでも
なかなかうまくいかないものです。
少しでも不安は減らして行きましょう。

良い旅になりますように(^^)

 

<一人旅の完全ガイド2020>

準備からおすすめの旅先まで、一人旅に関する情報を網羅したページを作成しました。
僕の一人旅の経験の集大成です。

一人旅の準備ガイド

【一人旅の準備完全ガイド】持ち物・計画・心構えまで実体験を元に徹底解説

 

 

<関連記事>

シェアしていただけると嬉しいです(^^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA