海外一人旅のバックパックの選び方【2020年版おすすめ15選】

ナヤミちゃん
【今回の悩み】
・海外一人旅のバックパックって
 どうやって選んだらいいの?

・おすすめのバックパックは
 どんなものがあるの?
はら
そんな悩みを解決します!

 

バックパックって
たくさん種類がありますよね。

快適に過ごしたいし、
できたらいっぱい荷物が入る方が
いいし、でも重いのはちょっと。

しかもどれも良い値段の
するものばかり。
失敗はしたくありません。

 

僕もどんな基準で選べばいいのかが
さっぱりわかりませんでした。

わからないまま僕はオーストラリアを
出るときにスーツケースを日本に送り、
30Lのバックパック一つで
南米を旅しました。

結果、新しいカバンを買い足しました、、、

そんなことにならないためにも、
しっかりとした基準で
バックパックを選び、
快適な旅を手に入れましょう。

 

この記事の内容
・バックパック選び5つの基準
・メーカー別おすすめバックパック15選
・盗難防止グッズの紹介

 

この記事のメリット
選ぶ基準を知ることで、
自分の旅にピッタリの
バックパックを選べます。

良いバックパックを選べると、
疲れず、ストレスのない
快適な旅を実現できます。

 

この記事の信頼性

僕は初海外一人旅でフィリピンや
南米、アメリカを含む

国々をバックパックを背負って旅しました。

実際に僕がバックパックを使用して
感じる選び方の基準と、
オススメのバックパックを厳選しました。

 

バックパック選び5つの基準

サイズ

日数で選ぶ

海外一人旅用のバックパックは
30Lを基準にして考えてみましょう。

1週間以内の日程であれば、
30L前後のものを。

それより長くなる場合は、
30Lよりも大きめのものを
選ぶと良いでしょう。

ちなみに僕は南米へ2ヶ月半、
30Lのバックパックで行きましたが、
結局カバンを買い足しました。

 

機内持ち込み可能かどうかで選ぶ

預入荷物ではなく
機内持ち込みにできると、
以下のメリットがあります。

・LCCの場合、追加料金がかからない
・ロストバゲージの心配がない
・カバンを乱暴に扱われない

 

短い期間の旅ならば、
小さめのサイズのものを
選んでみましょう。

 

<主な航空会社の機内持ち込み可能サイズ>

・Air Asia
56×36×23(cm)

・Jet Star
56×36×23(cm)

・Peach
55×40×25 合計115(cm)

・Cebu Pacific
Airbus:56x36x23(cm)、ATR/56x35x20(cm)

・Tiger Air
54x38x23(cm)

・春秋航空
56×36×23 合計115(cm)

 

 

 

 

機能性

バックは形やメーカーによって
作りが微妙に違ったり、
取り出しやすい工夫が
されているものも多いです。

縦長のバックパックだと
下の方に入れたものを取り出すのが
ちょっと面倒ですよね。

使いやすい機能性も
選ぶ基準にしましょう。

 

フィット感

自分自身の背中や肩にあう
バックパックを選びましょう。

合わないものを使っていると
疲れが取れないだけでなく、
体を壊してしまうかもしれません。

腰のベルトをしっかり締め、
肩に負担がかからないか
よく確認しましょう。

 

耐久性

飛行機やバスで荷物を預ける際に
放り投げられたり、
雑に扱われたりすることは
しょっちゅうあります。

簡単に破れてしまわないよう、
耐久性のあるバックパックを
選ぶことが大切です。

また、あまりに脆弱だと
簡単に破られてしまい、
盗難のリスクも高まります。

 

デザイン性

愛着が持てるデザインを
選ぶことも重要です。

バックパックは共に長く
旅をすることになる相棒ですから、
自分の好みのデザインのものを
選びましょう。

ただし
あまり派手なものを選ぶと
盗難にあうリスクも高まるため、
シンプルでかっこいい
デザインがオススメです。

 

 

スポンサーリンク

メーカー別おすすめバックパック15選

GREGORY(グレゴリー)

バックパックのメーカーとしては
最も有名なブランドの
一つであるGREGORY

バックパックだけでなく寝袋、テント、
テクニカルウェアなども手掛ける
信頼のおけるアウトドアメーカーです。

 

バックパック コンパス30

 

 

パラゴン38

 

 

バルトロ65

 

 

 

OSPREY(オスプレー)

1974年、カルフォルニアで誕生した
バックパックメーカーのOSPREY

その一つ一つのシルエットにも
こだわった一品揃いのメーカー。

頑丈で高性能な登山用バックパックは
旅行者の疲れを極限まで抑えた作りです。

 

ストラトス36

 

 

ファーポイント40

 

 

ケストレル48

 

 

 

 

MILLET(ミレー)

1930年の創業から、長年山岳家たちに
愛され続けてきたMILLETのバックパック。

国際デザイン賞をいくつも受賞する
こだわりのバックパックに注目のメーカーです。

 

プロライター 30

 

 

サースフェー 40+5

 

 

マウントシャスタ 55

 

 

 

THE NORTH FACE

言わずと知れた人気の
アウトドアブランド
THE NORTH FACE

特にそのデザインと機能性は
日本人に絶大な人気を誇っています。

快適なフィッティングと背負い心地を
徹底的に追求したバックパックは
安心のアイテムばかりです。

 

テルス45

 

 

テラ55

 

 

コブラ60

 

 

ARC`TERYX(アークテリクス)

近年、日本でも人気を誇る
カナダ発のメーカー、
アークテリクス。

カナダの過酷な山岳地帯で行われる
製品テストを通過した頑丈なバックパックは
どれ選んでも間違いのないクオリティです。

 

アルファ30

 

 

アルファ45

 

 

ボラ50

 

 

 

スポンサーリンク

盗難防止グッズ

バックパックはスーツケースと違い
簡単に破られたり、
持ち去られたりしてしまいます。

治安の良い地域でも
チェーンロックと
南京錠は持っておくと
良いでしょう。

治安の悪い地域なら、
金属製のネットも
検討しましょう。

 

チェーンロック・南京錠

 

 

 

金属製ネット

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ:

まとめ
・旅の期間や目的に合った
 バックパックを選ぼう
・自分の体に合うものを選ぼう
・防犯対策はきちんとしよう

 

はら

バックパックは
旅人にとっての相棒です。

自分の気に入った納得のものを
選びましょう。

 

良い旅になりますように(^^)

 

<関連記事>

シェアしていただけると嬉しいです(^^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA