ワーホリで働きたくない人へ!〜初心者がバスキングで自由を手にした話〜

 

 

こんにちは、はらです(^^)

 

 

みなさん、
ワーキングホリデービザって
何ができるビザかって
知っていますか?

「”working”だから
働くためのビザでしょ?」

いいえ、働かなくてもいいんです。

 

こんな人のために
・ワーキングホリデービザってよくわからない
・オーストラリアを旅したいけど働きたくない
・お金は欲しい、けど一つの場所にとどまるのは嫌だ
・ちょっと楽器ができる、かなり楽器ができる
・特に特技はないけど、自由にお金を稼ぎたい
・面白いことをしたい

 

僕は働きたくなかった(笑)
だって、時間も場所も
制限されるじゃないですか!

せっかくオーストラリアに
来ているのに同じ場所にとどまって、
朝からアルバイト?

そんなことをしに海外へ出たんじゃない。

自由を手にするために海外に出たんだ。
何にも縛られる筋合いはない。

って僕は思ってしまったわけです。
だから僕はオーストラリアワーホリで
1秒も働いていないわけです。

でも、お金はなくなっていく、、、
じゃあどうする?

 

僕はオカリナを演奏して、
そこらのアルバイト以上の
収入を手にしました!

ぜひ、ワーキングホリデーの
一つの選択肢として
「働かない」選択肢を
知っておいて欲しいと
思います。

 

スポンサーリンク

ワーホリビザは働かなくてもいい!

〜そもそもワーホリビザとは〜

以下、「一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会」HPより抜粋
(太字、色などは、はらの編集)

–––––

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは観光、就学、就労ができる特別なビザです。どこに滞在しても、どこを旅行しても、仕事をしても、語学学校に通っても良いという素晴らしい自由度の高いビザです。 制度の趣旨として仕事を主たる目的とすることはできませんが現地で海外でバイトができるビザは他にはあまりないです。英語の勉強をしたいけど留学は高すぎるからと諦めていた方には大変有効なビザです。留学の半額以下の料金で海外で滞在しながら勉強してバイトも出来る素晴らしいビザがワーキングホリデー(ワーホリ)ビザです。一生に一度のチャンスなので絶対に活用してください。

–––––

(「一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会」 https://www.jawhm.or.jp/system.html)

 

つまり、ワーホリビザは
自分のしたいことを追求できる
自由なビザなのです!

あくまで
ワーキングホリデーであり、
自由な休暇のイメージでしょうか。

だから、バイトするのは
あなたの自由、
働きたくないのならば、
働かなければいいのです!

実際、僕は滞在中1秒も
アルバイトはしていませんw

 

 

オーストラリアは物価が高い

「働きたくない」とは言ったものの、
働かずにオーストラリアで生活するには、
どれほど節約しようとやはり物価が高い!

でも、働きたくない、、、。

そんなあなたに
オススメしたいのが
バスキングである!

 

 

路上パフォーマンスでお金を稼ぐ

バスキングとは?

日本でも都心部や都会で、
ギターを弾いている人や、
歌を歌っている人を
見たことはないだろうか?

そういった路上パフォーマンスを
“バスキング”という。

バスキングをするパフォーマーは
バスカーと呼ばれる。

 

日本でバスキングをしていると、
よほど感動を与える演奏や歌声でなければ、
冷ややかな目で見られるだろう。

周りの人に認められる演奏ができなければ、
バスキングのハードルは高い
というイメージがあると思う。

 

しかし、海外に至ってはそうではない。

特にオーストラリアでは
バスキングが非常に盛んだ。

 

レベルが高い、低いは置いておいて、
バスキングという文化が出来上がっている。

路上でパフォーマンスをしている人を
冷ややかな目で見るような人はいない。

 

 

 

何も特技がなくてもできる!

ギターが弾けるなら弾き語り、
サッカーができるならリフティングと
自分の得意なことがある人は
すぐにでもバスキングに挑戦して欲しい。

自分の得意分野が価値を得て、
お金をもらえることに
大きな喜びを感じるはずである。

 

僕の場合はオカリナで
バスキングをしていた。

もともとオカリナが得意だったとか
楽器を習っていたとか、
そういうことはない。

オカリナを練習しだしたのも
フィリピン留学に行ってからである。

⇒⇒⇒フィリピン留学の記事はこちら

 

それでも僕はフィリピン留学に
行っている3ヶ月の間、
暇さえあればオカリナを吹いていた。

でも、言いたいことは
“3ヶ月練習すれば
オカリナでお金が稼げる!”
ということではない。

 

誰でもできるバスキング
・折り紙を販売する
・折り紙を教える
・筆で漢字を書いて売る
・相手の名前を漢字で書いてあげる
・自分の撮った写真を売る

・歌を歌う
etc・・・

 

バスキングはいかに相手に
“興味を持ってもらえるか”が大事なのだ。

それは感動でもいいし、
喜びでも、笑いでもいいし、
商品でもいいのだ。

相手にとって
“ポケットに入っている
小銭を投げ入れるくらいの価値”がある
と思ってもらうことが
お金を稼ぐことになる。

実際にオーストラリア人は、
小銭をいつもポケットに忍ばせている。
日本人のように、全て律儀に財布で管理しないし、
財布を持ち歩いていない人も多い。

 

あなたのアイデア次第で
どんどんグレードアップも
していけるだろう。

英語ができる人は積極的に
コミュニケーションをとってみるといい。

あなたという人間性に
価値を見出してもらえることもある。

 

 

 

バスキングライセンスとは?

バスキングにはライセンスが
設定されている場合がある。

ライセンスは都市によって
取得する方法が違うが、
ライセンスを取得せずに
バスキングしている人もいる。

 

ライセンスのメリット

・提示しておくと信頼が得られる
・堂々とバスキングできる
・バスキングのルールがわかる

 

ライセンスなしのデメリット

・警察に許可証の提示を求められる
・罰金がとられることもある
・許可されている場所がどこかわからない
・ビクビクしながら演奏しなければならない

 

ライセンスの取得方法

ライセンスの取得方法は
都市によって異なる。

例えばパースとメルボルンなら、

パース
お金を払えば即日発行される。

メルボルン
3種類のライセンスがあり、
オーディションや講習会に
参加する必要がある。
あらかじめ予約が必要で、
開催時期を調べておく必要がある。

 

僕はパースではライセンスを取得し、
メルボルンではライセンスなしで
中心街から離れた場所で
バスキングをしていました。

 

 

 

バスキングする時のポイント

バスキングの場所選び

僕はパースでバスキングをしていた時に
世界をバイオリンを弾きながら
旅しているという女性に出会いました。

その人と一緒にバスキングに
良さそうな場所を探して
パースの街を歩きました。

 

場所を選ぶポイント
・人通りの多い場所
・演奏が届く、騒がしくない場所
・人が足を止める場所

 

オススメなのが
信号の近くバス停の近く

あまり道路に近付き過ぎるとうるさいが、
信号待ちの人に演奏が聞こえると
寄ってきてお金を
入れてくれることがある。

 

また、夜にバーやクラブのある
飲み屋街に出てみるのも良かった。
酔っ払ったお兄さんの
話を聞いていると、
どんどんお金を入れてくれた
ことがある(笑)

 

 

稼げる都市と稼げない都市

これはバスキングの種類と
自分の実力によって大きく変わると
思うので一概には言えない。

素人レベルのバスカーの自分が
稼げた場所として
参考にしてもらいたい。

 

バスキングを行った場所

・ブルーム
・コーラルベイ
・ジェラルトン
・パース
・メルボルン

 

 

稼げた場所

一番稼げた場所はズバリ、
パース
コーラルベイ

 

実際に1時間で一番稼げた場所は
意外にもコーラルベイだった。

1時間しか演奏しなかったが、
なんと40$稼いだ!

テントを張ってキャンプをしている
家族連れがほとんどで、
オカリナを吹いていると
子どもやその家族が集まってきた。

吹いていてとても楽しかった。

 

 

パースはイチ押し
オススメ都市である。

基本的にある程度人通りのあるところであれば
平均的に稼げていたように思う。

街の人たちも暖かく接してくれた。
時にはお金だけでなく、
お菓子や水、練り物まで
もらえることがあった。

バスカーのレベルもそこまで高くはないので、
誰かの独占ということもない。
たくさんの日本人バスカーに
出会ったのもパースだった。

そして「世界一美しい街」であり、
そもそも住みやすいのである。

 

2箇所とも、
日本食レストランで働くよりも
時給としては良いはずだ。

 

 

 

稼げなかった場所

ほとんど稼げなかったのが、
メルボルンである。

ズバリなぜかというと
バスカーのレベルが
段違いに高いからだ。

あれだけレベルの高い
パフォーマンスに見慣れている
街の人たちは、ひっそりと吹いている
オカリナなど目も向けてもらえない。

圧倒的に人通りの多い場所は
ライセンスが必要なため、
行けなかったというのもある。

初心者バスカーには
敷居が高い場所だろう。

その分プロ級の腕前を持った
バスカーは荒稼ぎができるそうだ。

 

 

オカリナで稼いだ総額

もったいぶらず、
稼いだ総額をぶっちゃけよう。

10万円くらいである!

 

オーストラリア一周の後半で
始めたオカリナバスキングだが、
日数的には14日くらいは
吹いていた日があっただろうか。

だいたい1回1時間くらいの演奏。

飽きたら観光に出かけ、
良さげな場所を見つけたら
またオカリナを吹く。

多い日で朝から晩までで
5箇所くらいで演奏した。

 

多いと感じるか、
少ないと感じるかは
分かれるところだと思う。

ただ、南米に渡るための
飛行機代くらいは稼げた。

 

 

 

まとめ

恐れず挑戦してみよう
・特技がなくても挑戦できる!
・場合によってはバイトより稼げる!
・ライセンスが必要な場合もある!
・バスキングは場所が大事!
・いろんな出会いがあるかも!

 

僕が行ったバスキングの根底には
「働きたくない」という思いがありました。

場所にも時間にも縛られず、
好きなことをしてお金を稼ぐのは
とても楽しかった。

こうやって0から自分で
お金を稼ぐという経験は
初めてだったし、
自分の中の世界が
広がったように思います。

 

同じように「働きたくない」と
自由を求める旅人には
ぜひ挑戦してもらいたいと思います。

 

 

<こちらの記事も参考にどうぞ♪>

シェアしていただけると嬉しいです(^^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA