ペルー ボリビア

ボリビアからバスでペルーに入国!〜国境で気をつけるべき事〜

更新日:

 

 

 

こんにちは、はらです(^^)

 

 

 

今回はいよいよ
ボリビアを出て、
ペルーに入国します!

 

ボリビア最後の地は、
チチカカ湖畔に位置する
コパカバーナから
同じくペルー側の
チチカカ湖畔に位置する
プーノまで国境越えをします。

 

しっかりと心構えをして、
安全に入国しましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

コパカバーナでの準備

 

ラパスからコパカバーナまでは、
バスで4時間ほどです。
料金は30ボリ程度。

 

途中、フェリーで
チチカカ湖を渡ります。
フェリー代は2ボリ。

 

詳しくはこちらの記事で♪

⇒⇒⇒チチカカ湖畔の町コパカバーナ〜絶品マス料理トゥルチャを食す〜

 

※ちなみに国境越えの
別ルートとして
デサグアデーロという街を
経由する方法がありますが、
悪い噂が絶えないので
辞めておいた方が無難です。

 

コパカバーナを出たら、
次につく地はペルーです。
しっかりと準備をして
入国するようにしましょう。

 

しておくことは
・ソルへの両替
・荷物の確認
です。

 

 

 

 

ソルへの両替

 

ボリビアを出るまでに
忘れず両替をしておきましょう。

 

コパカバーナでの両替商は、
港に向かうレストランなどが並ぶ
通りの手前にあります。

 

2019.11.7現在のレートは
1ボリ≒0.48ソレス
1,000ボリ≒480ソレスですね。
(1ソル≒32円です。)

 

こちら、ペルーのソル硬貨。

5ソレスと2ソレス、
どちらもナスカの地上絵が描かれています。

一応、国境でも両替できる
みたいですが、
何があるかわからないので、
ラパスかコパカバーナで
しておくのがよいでしょう。

 

 

 

 

荷物の確認

 

入国審査では
手荷物検査があります。

後述しますが、
国境での審査は信用できないので、
現金や貴重品の確認を
しておいた方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コパカバーナからプーノへのバス

 

コパカバーナからプーノへ
所要時間は約3時間。
料金は30ボリ程度になります。

 

チチカカ湖に浮かぶ人口島
ウロス島に立ち寄るツアーが
セットになったものもあるので、
立ち寄る予定がある場合は、
そちらを検討してもいいでしょう。

 

ちなみにここでツアーを
予約していなくても、
プーノに着く前に、
バスの中でツアーの勧誘を
してきます。

 

チチカカ湖を横に眺めながら、
3時間のバスの旅です。
途中で国境に寄り、
出国と入国の手続きをします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

国境で気をつけること

 

国境で気をつけるべきことは、

・手荷物検査での盗難

・出入国スタンプの確認

です。

 

 

 

 

 

手荷物検査での盗難

 

入国には手荷物検査があります。

 

空港からの入国とは違い、
南米のバスでの国境越えは
セキュリティなど
ないようなものです。

なので盗難の話は尽きません。

 

盗難するのは国境の警察官です。
素人が注視していても
わからないほど巧妙に
現金や貴重品を盗むそうです。

 

事前に荷物は確認し、
検査を終えた後に
確認できるように
しておきましょう。

 

 

 

 

出入国スタンプの確認

 

基本的に出入国手続きは
自分で申請して行います。

 

多くの外国人観光客が
列をなしていると思うので
大丈夫だと思いますが、
手続きを行なっていないと
大変なことになります。

 

出国や入国のスタンプが
パスポートに押されていないと、
不法入国や不法滞在など、
あらぬ疑いをかけられることに
なってしまうからです。

 

特に出国の際に
空港では厳しくチェックされるので、
スタンプが押されていることは
必ず確認しておきましょう。

 

 

 

 

国境には日本語の文字も見えます。
日本人の往来も多いのでしょう。

いいカモにされてしまわないように
気をつけましょう。

 

しかし、なぜそんなに
「コピー」を強調するんだろうw?

 

 

 

 

スポンサーリンク

ペルーへ!

 

無事に入国手続きを終えたら、
歩いて国境を渡ります。

その後バスが追いかけてくる感じ。

 

無事にペルーに入国しました!

おめでとうございます♪

 

 

 

 

ペルーのロゴが可愛らしいですね。

これから先、いろんなところで
見かけることになります。

 

 

 

なんだかボリビア側と比べて
綺麗な建物になりましたね。

Welcome to PERU!!!

 

 

 

港の方まで道が続いていますが、
まぁ行くことはないかと
思いますw

 

 

 

MITSUBISHI、NISSAN、
TOYOTAのロゴが。

HONDAはありません。

 

 

 

 

国境を越えると、
またしばらく田舎道を
走っていきます。

 

 

 

プーノの町へ行くまでに、
ウロス島へのツアーの勧誘があります。

 

時間帯によっては、
その日のうちにウロス島に
立ち寄ることができます。

気が向いたらツアーを
申し込むのもいいでしょう。

 

僕は少しでも効率よく
観光したかったので、
勧誘に飛びついてウロス島へ
行ってきましたよ(笑)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

プーノの町へ到着

 

フィリピンのトライシクルの
ようなタクシーを発見。

 

プーノのバスターミナルから
市内へは距離があります。

 

暗くなると治安が心配なので、
ターミナルのタクシーを捕まえて
町へ向かいましょう。

値段の交渉もお忘れなく。
6〜7ソレスくらいが相場です。

 

 

あまり必要以上にピリピリする
必要はありませんが、
何も起こらないのが1番です。

良い思い出作りに、
ペルー観光楽しんでくださいね。

 

 

 

ではまた次回に(^^)♪

 

<こちらの記事も参考にどうぞ♪>

・チチカカ湖畔の町コパカバーナ〜絶品マス料理トゥルチャを食す〜

・初心者が標高6,000mを目指す!?〜過酷すぎるワイナ・ポトシ登山1日目〜

・ラパスの歩き方♪〜お土産は魔女通りで!?〜

・楽器と美食の街コチャバンバ♪〜巨大キリスト像を目指して〜

・乾期でも鏡張りが見られる!?〜穂高ツアー日帰りウユニ塩湖〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ペルー, ボリビア
-, , , , , , , ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.