パース

パースにてオカリナでバスキングしてみた!バイトより稼げる!?

更新日:






こんにちは、はらです(^^)




オーストラリアに来て、
何度かオカリナ演奏を
してきたのですが、
パースで本格的にバスキングの
許可証を取ってみました!

 

バスキングは路上パフォーマンスのことです。
パースでは、ギターの演奏や、
バイオリン、クスケーニャの演奏、
パントマイムや書道など、
たくさんのバスカーがいました。


僕もその中に、オカリナで
参戦したいと思います!




スポンサーリンク

許可証をとろう!

 

まず、バスキングライセンス
(許可証=permission)
を申請しに行きます。

 

許可証はCity of Perth
申請することができます。

許可証は27ドル払って、
即日交付を受けることができます。

 

ちなみにシドニーやメルボルンでは、
審査が必要で、オーディションのような
ものがあると聞きました。


そう思うと、パースはお手軽ですね。

 

許可証を提示しておくと、
同じようにバスキングをしていても
きちんと許可をとって行なっているという
信頼を得られます。

 

また、細かいルールや
バスキングを行なってもよい場所の
手引きももらえるので、
安心して活動することができます。



 

これがバスキングの許可証。
オカリナなので、Fluteのカテゴリ。

これで晴れて僕もバスカーの仲間入り!







スポンサーリンク

ポイントを探そう!

 

さあ、どこでオカリナを吹いたら
たくさんの人の耳に届くのか、
耳を傾けてくれるのかと
転々としながらオカリナを吹いてみました。



落ち着いて吹けた場所はここ。
このオシャレな建物の真ん前に
バス停があります。

 

人通りもそれなりにあって、
雰囲気もいい感じ。

 

ここが一つ目のバスキングポイントに
なりました。



 

他にも、この時計の前で
演奏してみたり。

 

信号のある交差点の近くで演奏してみたり、
協会の前で演奏してみたり。

 

オカリナは音が小さいので
静かで人が立ち止まるところを
探します。

 

その他、夜は飲屋街へ
出かけてみて、酔っ払いの若者と
話をしたり。

 

日本のアニメ好きの南米人に
話しかけられたり。

 

バスキングをしていて面白い出会いが
たくさんありました。



 

 

そして、夜にバスキングを
していると、お金だけでなく、
お菓子や食べ物をくれる人も
たくさんいました!

 

これは結構ありがたい。
他にもドーナツなんかもらったりしました。

 

バスキング仲間にもたくさん出会いました。



 

 

書道の師範代で、
漢字のパフォーマンスを
されている日本人の方。


 

 

日本人から見ても魅力のある、
ものすごく美しい字。
さすが師範代。


 

 

ということで、
僕も書いてもらいました♪

 

お金はお客さんの気持ち次第ということでした。
そういうのも素敵だな〜。



 

 

オカリナを吹いていると、
日本人の女性に声をかけられました。

 

シキさんというバイオリンで
バスキングをされている方で、
いろんな国をバイオリンを弾きながら
旅しているそう!

 

かっこいい!
そんな旅がしてみたい!

 

そのシキさんと、
バスキングのよさげな場所探しを
一緒にしてもらえることに!
これはラッキー。

 

世界を旅するバスカーさんに
ポイントを教えてもらえるなんて!

 

一緒に街をうろうろと歩いて、
ここはよさそうかな〜とか、
ここまイマイチかな〜とか、
ポイント探しをしました。

 

ポイント探しをしたあとは、
シキさんが一緒に旅してまわっているという
バスカーさんの演奏を聞きに行くことに。



 

 

 

それが彼です。
なんという楽器かは忘れましたが、
メロディーと伴奏を
この楽器一本でこなしてしまう、
まるでピアノをギターにしたような楽器。

 

初めて見ましたが、
その演奏に惚れ込んでしまいました。
かっこいい、、、。



 

そんなこんなで、パースの街や
フリーマントルでもオカリナ演奏をしました。







スポンサーリンク

オカリナでのバスキングの成果は??

 

どれくらいオカリナで
稼げたかというと
1日で100〜130ドル
くらいです!

 

だいたい1箇所で1時間くらい、
それを昼前、午後、夜と5回くらい
毎日転々としていました。

 

まともに日本食レストランとか
でバイトするよりかは
稼げていたんではないでしょうかw

 

ちなみに1日バスキングをすると、
すぐにコインだらけになります(笑)


これが重たいのなんの!






 

スポンサーリンク

大量のコインを両替しよう!

 

コインは銀行に行って
両替してもらいましょう。


ただ貯め込んだコインを
持っていくだけではダメです。


まずは、銀行でコインをまとめる
小袋をもらってきましょう。

I want many plastic bags for depositing coin.
とか言ったらもらえます。


とにかくたくさんもらいましょう!
many! many!です!



硬貨の種類によって、
何枚ずつ袋に詰めればいいのかが
決まっているので、
袋に書いてある通りの
枚数を詰めればOK!


コインを分けたらもう一度
銀行へ行って、
両替してもらいましょう!


これで重たい大量のコインが
札束に変わります!笑



 




南米に行く決意を固めていた僕は、
渡米する飛行機代を稼ぐために
毎日がんばってオカリナを吹きました!



パースはとっても暖かい街で、
たくさんの道ゆく人が
お金を入れてくれました。
感謝感謝のバスキング生活でした。


自分の世界が広がったというか、
こんな生き方もできるんだなあと。

つくづく日本にいたら
こんなことには気づけなかったなと
いろんな経験を通して感じます。





大きな特技は必要ないので、
折り紙でも習字でも、
とにかく挑戦してみる価値は
あると思いますよ♪

 

 

 

 

と、いうことで
パース編はここまで!

 

オーストラリアの都市の中では、
文句なしで最高の街でした♪

 

シドニーやメルボルン、ケアンズが
観光としては有名だと思うけど、
ぜひ西オーストラリアに、
パースにも訪れて欲しいなあ。

 

 

オーストラリアへ旅行をお考えの方は
ぜひ、パースも考えてみてください♪




 

次なる目的地はメルボルン!


 

 

 

オーストラリア第二の都市へむけて出発!





 

次回からメルボルン編です♪

お楽しみに(^^)!

 

 

<こちらの記事も参考にどうぞ♪>

・ロットネスト島でサイクリング!〜ピカチュウの島?〜

・歴史ある港町フリーマントルへ〜美味!フィッシュ&チップスを食す〜

・パースへ〜世界一美しい街の魅力〜

・オーストラリアラウンド〜期間は?費用は?交通手段は?一挙公開!

・オーストラリアワーホリから南米へ渡航するのに必要な手続きのすべて

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パース
-, , , ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.