パース

ロットネスト島でサイクリング!〜ピカチュウの島?〜

更新日:




こんにちは、はらです(^^)


さあ、今回はパースに来たら
絶対に訪れて欲しいスポット、
ロットネストアイランドを
紹介します!

パースから船に乗って日帰りで行けて、
島をとりまく絶景の数々、
たくさんの野生動物に出会える
最高の島です!

とにかく海がきれいな島!

そして、この島にはあの
「ピカチュウ」のモデルとなった?
と言われる野生動物がいるのです。

名前はクォッカ!
さあ、本当にそんなピカチュウみたいな
生き物がいるんでしょうか?

探していきたいと思います。



ロットネスト島へは
フェリーに乗って行くことができます。

発着港は、
フリーマントルに2箇所、
パースのエリザベスキーからも
アクセスできます。

僕はフリーマントルから乗りました。

いろんなパッケージツアーが
ありますが、僕はフェリーのチケットだけ
購入して、自転車を現地で借りました。


フェリーで到着すると、
ここに到着します。
(見にくくてすみません、、、)


早い時間のフェリーに乗ったので、
少し自転車屋さんが
開くまで時間があります。

と、いうことでまずは辺りを
探索です!

クォッカ探し!


お店にはなにやら
ネズミ立ち入り禁止のような
表示が。
これが噂のクォッカなのか?

わざわざこのような
クォッカ止めがあるということは、
たくさんいるようです。


あたりを見回してみると、、、

いた!!!


いました!
これが噂のクォッカです!

トンがった耳に、
可愛らしい目、
リスのように何かを食べています。

ピカチュウに見えなくもない、
とにかく可愛らしい姿!


人懐っこくて、
全然人間を怖がりません。

むしろ、エサをくれと
言わんばかりに
すりよってきます。

か、かわいい、、、


と、この先何度かクォッカには
出会うことになります。

ということで
自転車を借りに行きましょう♪


うん、シンプルな自転車♪
鍵もついていて、安心。
日本でもなかなか乗ることの
なくなった自転車。

久しぶりに1日サイクリングです♪


7段階変速機!
日本で子どもの時に乗っていた
自転車もこんなに変速はなかった。

しかし、アップダウンの激しい
ロットネスト島では、
この変速が大活躍!

というか、これがなければ
どれだけ苦しんだことだろうか、、、。

さあ、いよいよ出発です!



さあ、ロットネスト島は
とにかく水がきれい。
まだまだこんなもんじゃありません!


さあ、スタート地点のトムソン桟橋から
島の先端のウエストエンドを目指します。

道のりにして40km!
さあ、がんばって漕ぐぞ!



ロットネスト島の歴史を残す建物。
中は博物館のようになっています。


時々、様々なオブジェが顔を出します。


広大な道のりをサイクリング。
気持ちいい〜♪

が、時々雨にふられます、、、。


雨宿りは大きな木の下で。
雄大な自然が広がります。


ちょっと天気も持ち直してきたかな?
坂道を降るのは、
風を切ってとっても気持ちがいいです♪


海がきれい!
でもまだまだこんなものじゃあないw


近くまで降りてみます。


伝わりますかね?
この透明感!
海の中に砂浜があります!




クォッカポイントを発見!
島中にクォッカがいるスポットがあります。

触れ合ってみました♪
全然逃げませんw


見た目は大きなリス?
動きはあんまり早くなくて、
のんびりとした感じです。


クォッカ vs トカゲ


にらみ合っています、、、
むむむ。

この後、何事もなかったように
二匹とも去っていきました(笑)


とにかく人懐っこくて、
愛らしくて、可愛い。


書きたいこと、
載せたい写真がたくさんありすぎる!


後半へ続く(笑)

⇒⇒⇒野生動物の楽園ロットネスト〜孔雀が現れた!?〜

 

 

<こちらの記事も参考にどうぞ♪>

・パースにてオカリナでバスキングしてみた!バイトより稼げる!?

・ロットネスト島の行き方、回り方まとめ

・歴史ある港町フリーマントルへ〜美味!フィッシュ&チップスを食す〜

・パースへ〜世界一美しい街の魅力〜

・オーストラリアラウンド〜期間は?費用は?交通手段は?一挙公開!

・オーストラリアワーホリから南米へ渡航するのに必要な手続きのすべて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パース
-, , , , , , , ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.