オーストラリア一周

グレイハウンドの使い方〜シドニー→ケアンズ〜

更新日:

 

 

 

ここまでシドニーから
ケアンズへと
北上してきました(^^)

 

 

今回は陸路移動でお世話になった
長距離バス「グレイハウンド」
についてまとめていきたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

色々な移動手段

オーストラリアをラウンドするにも
色々な移動手段があります。
・長距離バス
・飛行機
・車
・ヒッチハイク
・電車
・自転車
・移動型ツアー
といったところでしょうか。

 

 

様々な移動手段を組み合わせて
自分らしいラウンドを
組み立てましょう!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

それぞれの移動手段のメリット

それぞれ移動手段にはメリットがあります。

 

長距離バス

最も多くの人がラウンドで
お世話になるであろう長距離バス。

車ほどの自由はありませんが、
行きたいところを転々と
回ることができ、
自由度は高いです。

グレイハウンドだと
毎日便がありますが、
西オーストラリアの
長距離バスは週に数本と、
日が決まっています。

他の交通手段と組み合わせて
柔軟な旅が可能です。

 

 

 

 

飛行機

飛行機は移動時間が
短くて済むのが魅力です。

LCCも運行しており、
場合によっては
安く移動できます。

あまり時間はないが、
「有名な観光地をまわりたい」
といった場合や、
「距離が遠いが、途中に
あまり興味のある場所がない」
といった時に取り入れていくと
良いかと思います。

5ヶ月くらい前に予約すると安かったり、
直前で購入すると安い場合もあります。

 

 

 

 

レンタカーはもちろん、
友だちと車をシェアすれば、
体力はいりますが、
行きたいところに
どこでも立ち寄れる
自由が得られます。

オーストラリアは中古の車が
安くで手に入るので、
ものによっては10万円くらいで
車が手に入ります!

車を運ぶという名目で
安くレンタルする
サービスもあるようです。

 

 

 

 

ヒッチハイク

ヒッチハイクはお金がかからないし、
現地の人や旅行者と関わることができ、
人との出会いを楽しみたい人にはおすすめです。

場合によっては
食事をおごってもらったり、

お家に泊めてもらったりと
いうこともあるそうです。

ただし、停まってもらうのには
少しコツがいるので
平気で数時間待ったりすることもあります。

また、自由度もあまり高くありません。
しかし、せっかく広大なオーストラリアを
旅する上で、旅人ならば一度は
挑戦してみてほしいなと思います。

僕は長距離バスの運行の少ない
西オーストラリアで
ヒッチハイクをしました。

情報も得られて移動もできて、
一石二鳥です!

1対1だと英語を話す練習にもなりますよ♪

 

無一文でヒッチハイクをしながら
オーストラリア一周を達成した
猛者もいるほどです(笑)

 

 

 

 

電車

電車は一部の都市に限られるため、
ラウンドの移動手段としてというよりは、
滞在した都市の中での
移動手段に限られるかと思います。

 

 

 

自転車

自転車でオーストラリアを回っている話は
あまり聞きませんが、
だからこそできたらものすごく
話のネタになると思います(笑)

体力に自信があればでしょうか。

ロードバイクはオーストラリアで
とても人気があります。

 

 

 

移動型ツアー

・ラウンドの際に一つ視野に
入れておいてもらいたいのが移動型ツアーです。

例えば、
「アリススプリング→ウルル
→アデレードorダーウィン(6泊7日)」
といったツアーや、
20日くらいかけて西オーストラリアを
観光しながら縦断するツアーもあります。

たくさんのツアーが組み込まれるため
単価は高くなりますが、
多くの観光地をまわろうと
考えているならお得になるかもしれません。

長期間になる場合はツアーでの
仲間との交流も深めることができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

はらのラウンド

 

ちなみに僕のラウンドは
シドニー→ケアンズ・・・長距離バス(グレイハウンド)
ケアンズ→アリススプリング・・・飛行機
アリススプリング→ウルル→アリススプリング・・・ツアー
アリススプリング→ダーウィン・・・飛行機
ダーウィン→ブルーム・・・長距離バス(グレイハウンド)
ブルーム→パース・・・Integrityバス(長距離バス)& ヒッチハイク
パース→メルボルン・・・飛行機
と組み合わせてまわりました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

長距離バス「グレイハウンド」

その中でも今回は、
僕が大変お世話になった
長距離バス「グレイハウンド」
について紹介していきたいと思います!

 

尚、細かいチケットのとり方などは
複数のサイトで掲載されているので、
割愛します。

 

 

片道乗り降りし放題の「Hop on Hop off」

まず、長距離バスと一口に言っても、
色んなチケットがあります。
・単純に◯◯→◯◯までといった指定チケット
・One way(片道)、Return(往復)チケット
・Hop on Hop offチケット
・キロメーターパス(1,000km〜25,000km)
などなど・・・

 

その中で僕が今回シドニー→ケアンズ間で
利用したチケットは
"Hop on Hop off"のチケットです。

 

これは
「一方通行で乗り降りし放題」
というチケットです。
ケアンズやシドニー、メルボルン、
アリススプリング等、
幅広い地点を結んでいます。
有効期限は90日間となっています。

 

乗る日の前日までにインターネットで
その都度予約をして利用します。

前日までは予約の変更が可能なので、
予定の変更にも柔軟に対応できます。

 

当時の値段は425$でしたが、
現在は445$で買えるようです。
セールがあるともっと安く買えるようです。

 

飛行機の方が速いし、
値段も安いかもしれません。
しかし、魅力は非常に自由度が高いこと。

自分の興味のある場所に好きに
立ち寄ることができるし、
気に入ったら数日滞在して
また出発といったことも可能です。
興味のない場所はとばしても構いません。

オーストラリアの広大さを、
肌で感じることができますよ。

 

 

僕は
シドニー→バイロンベイ
→ゴールドコースト→ブリスベン
→ヌーサ→ハービーベイ(フレーザー島)
→エアリービーチ→タウンズビル
→ケアンズ
とおよそ2週間かけて旅しました。

 

 

 

グレイハウンドの設備

WiFiは繋がったり、
繋がらなかったりします(笑)
USBポートがあるので、
充電は困りません。
トイレ休憩が数時間に一回あります。

 

 

注意点

注意点としては、冷房が寒いこと!
冬でも半袖のオージーやヨーロッパ人と、
日本人の肌感覚は違うので、
上着は用意しておいたほうが良いです!

 

 

 

オーストラリアを旅する人の力になれれば幸いです(^^)

 

ではまたお会いしましょう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オーストラリア一周
-, ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.