※サイト改装中!不具合あったらごめんなさい

ツール

【サイト高速化】Tiny PNGの使い方〜画像を最大80%圧縮して軽量化〜

Tiny PNGの使い方アイキャッチ

ナヤミちゃん
【今回の悩み】
・サイトを高速化したい。
・画像を軽くしたい。
・Tiny PNGの使い方は?

そんな悩みを解決します!
はら

 

ページを開くのに、時間がかかりませんか?
それ、サイトの離脱率を大幅に上げているかもしれません。

本記事では、画像圧縮サイト「Tiny PNG」の使い方を紹介していきます。

 

本記事の内容

・画像を圧縮するメリット
・表示速度の確認方法
・Tiny PNGの使い方

 

Tiny PNGを使いこなして表示速度を早めると、ユーザーの離脱率が下がりSEOにも有効です
ぜひ使いこなせるようになりましょう。

 

本記事の信頼性

本サイトはトップページの画像を圧縮して掲載し直したところ、ページの表示速度が40以上改善されたことがあります。

 

フリーの画像サイトはこちらにまとめています。

wordpress(ワードプレス)フリー画像のアイキャッチ
【登録不要】WordPress(ワードプレス)で使えるフリー画像サイト4選〜写真からイラストまで〜

WordPress(ワードプレス)ブログを運営する上で画像の収集は欠かせません。文字ばかりの記事だと読者は疲れてしまい、離脱率が高まります。本記事では、無料で使えて登録不要・著作権フリーの画像サイトを紹介します。豊富な画像から記事にピッタリのものを選びましょう。

続きを見る

 

Tiny PNGで画像を圧縮するメリット5つ

パソコン画面

Tiny PNGで画像を圧縮するメリットは以下の5つです。

・表示速度が上がる
・離脱率が下がる
・SEO対策になる

・まとめて圧縮できる
・圧縮率が高い

 

サイトの表示速度が上がる

サイトの表示速度を遅くする最も大きな原因が画像の重さです。
画像を圧縮して軽量化することで、表示速度は劇的に向上します

Tiny PNGで画像を圧縮する前に、サイトの表示速度を測ってみると良いでしょう。

表示速度の測定には、PageSpeed Insightを使います。

一般的には、90以上のスコアであれば表示速度は問題ないと言われています。
それ以下であれば、改善が必要になってきます。

 

離脱率が下がる

サイトの表示速度が向上するとユーザーのストレスも軽減され、離脱率が低下します

Googleの調査によると「スマホでのページの表示に3秒以上かかった場合、ユーザーの53%が離脱した」というデータもあります。
Think with Google

表示速度の向上はサイト運営で必須なのです。

 

SEO対策になる

表示速度の高速化は、SEOにとっても重要です。
Googleの公式ブログでも、ページの読み込み速度がモバイル検索のランキング要素に使用されることが明言されました
Google公式ブログ

表示速度の高速化はユーザーの利便性を高め、そのままSEO対策にも繋がるので一石二鳥なのです。

 

まとめて圧縮できる

Tiny PNGを使うと、20枚までの画像をまとめて圧縮することができます。

圧縮のスピードも早いため圧縮の手間もそれほどかからないでしょう。

 

圧縮率が高い

Tiny PNGの画像の圧縮率はWordpressのプラグインと比べて圧縮率が高いです。
最大70~80%ほど画像が軽量化されることも珍しくありません。

画像の容量が1/5になると考えると、相当な軽量化と言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

Tiny PNGで画像を圧縮するデメリット

パソコンと怒る女性

5MB以上の画像は圧縮できない

Tiny PNGでは、5MBを越える画像は圧縮できません

5MB以上の画像を圧縮したい場合は、オンラインPNG・JPEG圧縮を使うと良いでしょう。
少し時間はかかりますが、容量の大きな画像も圧縮することができます。

 

既存の画像を圧縮することができない

Tiny PNGでは、既にサイトで使っている画像はまとめて変換することができません

既存の画像をまとめて軽量化するにはプラグインのEWWW Image Optimizerがおすすめです。

新しく追加する画像や、既に掲載している特に容量の大きい画像はTiny PNGで圧縮するというように使い分けをすると良いでしょう。
ただし圧縮率は圧倒的にTiny PNGの方が高いので、後から後悔しないようにできるだけ早く導入しましょう

 

 

スポンサーリンク

Tiny PNGの使い方

絵

Tiny PNGにアクセス

まずはサイトにアクセスしましょう。
登録等は必要ありません。

Tiny PNG

 

画像をドラッグ

Tiny PNGトップ

点線で囲まれた枠の中に画像をドラッグします。
数枚まとめて圧縮することができます。

 

ダウンロード

ダウンロード完了画面

数十秒で圧縮が完了します。
-82%(522KB→96KB)と大幅に軽量化されています。
圧縮率は画像によって様々です。

圧縮が完了したら、「Download all」をクリックしましょう。

 

Zipファイルを解凍

zipファイル

zipファイルでダウンロードされるので、解凍して使用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

Tiny PNGでサイトを高速化しよう

 

まとめ

・離脱率が下がる
・SEO対策になる
・圧倒的に圧縮できる
・早めの導入が吉

 

はら
サイトを高速化は必須!
ユーザーの利便性を高めるために対策をしましょう。

 

 

 

<こちらもチェック>

テーマの決め方・記事の書き方・アクセスの集め方・収益化の方法までブログの始め方を網羅した1冊です。

 

ブログで稼ぐとはこういうこと。
ブロガー必携の名著です。

 

関連記事

wordpress(ワードプレス)フリー画像のアイキャッチ
【登録不要】WordPress(ワードプレス)で使えるフリー画像サイト4選〜写真からイラストまで〜

WordPress(ワードプレス)ブログを運営する上で画像の収集は欠かせません。文字ばかりの記事だと読者は疲れてしまい、離脱率が高まります。本記事では、無料で使えて登録不要・著作権フリーの画像サイトを紹介します。豊富な画像から記事にピッタリのものを選びましょう。

続きを見る

socialdog(ソーシャルドッグ )有料版アイキャッチ
【SocialDog(ソーシャルドッグ)有料版】機能一覧と使い方、メリット・デメリットまで【実体験あり】

Twitter運用ツール「SocialDog(ソーシャルドッグ )」。月額780円の有料プランを選ぶなら後悔したくないものです。本記事では、有料版の機能一覧、使い方、メリットやデメリットまで徹底解説します。納得した上で導入するか判断しましょう。

続きを見る

「オープンケージ有料テーマ比較記事」アイキャッチ
【OPEN CAGE(オープンケージ)とは】4つの有料テーマを比較!料金・特徴は?【実体験あり】

オープンケージはコストパフォーマンスに優れたモバイルファーストのテーマをいくつも配信しています。本記事では、OPEN CAGEが手掛ける4つの有料テーマを比較していきます。料金と特徴を比べて、自分に合ったものを選べるようにしましょう。

続きを見る

SNSの有料アイコン作成依頼記事のアイキャッチ
SNSアイコン作成は依頼すべし!有料アイコンの5つのメリットと依頼の流れ【実体験あり】

SNSのアイコンはあなたの顔ともいうべき非常に重要なものです。本記事では有料アイコンのメリット、作成依頼の流れと変更後の変化をまとめます。アイコンをオリジナルに変えることでフォロワーが増え、より印象に残りやすくなりますよ。

続きを見る

有料テーマ「STORK」とは?記事を作る時間を半分にしてオシャレに変えるテーマ

本ブログでは、有料テーマSTORKを導入したことで記事の作成にかかる時間が半分になりました。効率の良いブログ運営を目指しましょう。

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ツール
-, , , , , , ,

© 2020 はら旅ブログ Powered by AFFINGER5