【休職中の過ごし方】元気がない時・ある時・しておくと良いことは?【実体験あり】

休職中の過ごし方
ナヤミちゃん
【今回の悩み】
・休職中って何すればいいの?
・何か気がまぎれることがしたい。
・しておくといいことってある?
はら
そんな悩みを解決します!

 

心を病んで休職をすると、頭の中がマイナスの感情でいっぱいになり、文字通り何もできなくなります。
そしてそれは、押し潰されそうなくらい重く苦しいものです。

そこから少しでも離れるには、何か気を紛らわすものが必要です。

 

本記事の内容
・休職中元気が出ないときの過ごし方
・休職中元気が出てきたときの過ごし方
・休職中にしておくと良いこと

 

始めの間は信じられないくらい苦しいですが、休職期間は必ずあなたの人生の大きな財産になります。

まずはしっかりと体調を整えることから始め、無理せずゆっくりとできることを増やしていきましょう。

 

本記事の信頼性
僕は適応障害になり、半年間の休職を経験しました。
その後退職し、フリーランスのライターとして活動しています。

 

 

休職中元気が出ないときの過ごし方

目を閉じる猫

まず休職し始めて最初の頃は、何もやる気が起こらないことが多々あります。
結論ですがやる気が出ない時は、やりたいことだけをしましょう。
絶対に無理をしないことが大切です。

僕も始めの1ヶ月は、起き上がることも苦痛でした。
起き上がれても、何かしていないと頭の中がマイナス思考で埋め尽くされてしまいます。
仕事のことを少しでも頭から離すために熱中できるものを必死に探しました。

「熱中できるものなんてない」という人もいるかと思うので、僕が実際にしていたことを紹介します。
例えば僕は次のようなことをしていました。

・スマホをいじる
・漫画を読む
・動画を見る
・ゲームをする
・本を読む

おすすめのサービスも含めて紹介していきます。

 

スマホをいじる

スマホをいじるのは、布団の中でもできる正しい過ごし方です。
まずはここからのスタートで構いません。

スマホでできることはたくさんあります。
例えば以下のようなことを僕はしていました。
・漫画を読む
・ゲームをする
・動画を見る
・ネットサーフィン
・ネットショッピング
など

スマホ一台で1日が完結してしまうくらい、スマホには娯楽が詰まっています。

 

スマホのおすすめ漫画アプリ

少年ジャンプ+
ピッコマ
LINE漫画
など

日替わりで更新されたり、24時間ごとに1話読めたり、始めの数冊が公開されていたりします。

僕はいまだに毎日読んでいます。
特にジャンプは欠かさずチェックしています。
特に「ドラゴンボール」「ワンピース」「テラフォーマーズ」が僕のおすすめです。

 

スマホのおすすめゲーム

ドラゴンボールZ ドッカンバトル
どうぶつの森 ポケットキャンプ
クイズRPG 黒猫のウィズ
にゃんこ大戦争
など

完全に個人的な趣味ですが、ハマりだすと延々とやっていられます。
僕はパズルは苦手です。
黒猫のウィズ」はクイズを解いて戦うのが面白かったですね。
最近はやってませんが一時期めちゃくちゃハマりました。
今は「ドラゴンボール」です。

 

スマホのおすすめ動画サービス

Youtube:大堂の無料動画配信サイト
Hulu:アニメ・海外ドラマが豊富
U-NEXT:見放題トップクラスの作品量
Amazonプライムビデオ:プライム会員なら無料
TSUTAYA TV:DVDの宅配サービスもあり
FODプレミアム:フジテレビの動画見放題サイト
dTV:音楽ジャンルに強い
DAZN:世界中のライブスポーツが見られる
など

Youtubeは無料で動画を見るなら定番ですね。
でも、正直画質が汚かったり、見たい動画がなかったりするんですよね。
特に映画やアニメはやっぱりあんまりないんです。

休職期間は1ヶ月以上は続くことが多いでしょうし、
月額制の動画サービスがやはり快適ではないかと思います。
見たい動画の種類に応じて選んで見ましょう。

個人的には、僕がどハマりしている「鬼滅の刃」や「キングダム」が見られるU-NEXTAmazonプライムビデオがおすすめです。

 

本・漫画を読む

スマホはなんだかんだ疲れてしまうので、時々紙の本を読むのがおすすめです。

好きな漫画や小説の読み直しや、買っていて読めていない本を読むなど、意外とわざわざ買いに行かなくても本は読めるものです。
僕は買いに行くのは億劫だったので、Amazonで買いまくりました。

ちなみに僕も最近見つけたサイトなのですが、漫画を大人買いするなら全巻漫画.comが最強です。
ONE PIECE」全巻セットで21,110円、マジか、、、。

 

テレビやDVDを見る

テレビを気晴らしに流しておいてもいいですね。
ただリアルタイムではあまり見たい番組はなかったので、撮りためた録画ばかり見ていました。
ニンテンドースイッチがあるなら、無料でYoutubeのアプリもダウンロードができます。
テレビで大画面で見られるのでお奨めです。

DVDを見るのもいいかと思います。
結局DVDを借りに行くのは面倒なので、動画配信サービスがおすすめなのですが。
ちなみに「Fire TV Stick」を購入すれば、テレビでプライムビデオが見られます。

ゲームをする

普段忙しくてできなかったゲームや、昔ハマっていたゲームをもう一度やってみるのもいいでしょう。
スイッチやPS4があればダウンロードしてすぐに遊べるのでいいですね。

僕はスイッチで「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を攻略本を片手にやり込みました。
もしスイッチがあるのなら、いくらでもやり込めてしまうので、気晴らしにおすすめです。



 

ちなみにうちの妻がハマっているのが「あつまれ どうぶつの森」です。
流行りのあつもりですね。
こっちも時間を忘れてスローライフを送るのにバッチリです。


ナヤミちゃん
私はこっちかな〜。

 

 

休職中元気が出てきたときの過ごし方

太陽と女性

休職し始めの頃は、「もう一生布団から出られないんじゃないか」という気持ちになります。
でも安心してください、絶対に元気になります

元気になったり、また落ち込んだりを繰り返すのが鬱の症状ですし、僕も今でも落ち込んで動けなくなることがあります。
でも、そうやって少しずつよくなっていくのです。
ただし、ある程度時間が経たないと症状はよくなっていきません。
逆に言えば焦らず、気長に、自分のペースで過ごせば、やがて時間が回復してくれるのです。

さて、ある程度元気が出て余裕が出てきたら、少し生活を見直してみましょう。
生活習慣を見直したり、体を動したりして、日常生活を元に戻していくのです。

僕は少し元気になって動けるようになってから、次のようなことを始めました。

・散歩する
・早起きする
・軽い運動をする

これらのことをして見ると、睡眠の質が改善できました。
しっかりと眠ることは、健康な体を取り戻す一歩になります。
余裕ができて「やってみようかな」と思えてからでいいので、取り入れてみてください。

参考までに僕の取り入れた方法を紹介していきます。

 

散歩する

元気が出てきたら、散歩に出てみましょう。
太陽の光を浴びたり外の空気を吸うことは健康にとても良いです。
散歩は不安や鬱のレベルを下げることにも繋がるそうです。

休職してしばらくは家からなかなか出られないということもあるでしょう。
少し元気が出て動いてみようと思ったら、10分や15分でもいいので外に出てみましょう。

ゆっくりと散歩をすると、家の周りの今まで気がつかなかった風景画見えてきます。
外を少し歩くだけで、大きなリフレッシュになりますよ。

 

早起きする

早起きができると夜眠れるようになります。

しかし、朝きちんと起きて布団から出るのは、思った以上にハードルが高いものです。
無理はせず、体調に合わせて起きられるようにしていきましょう。
僕も1~2ヶ月経ってから意識し始めましたが、できない日も多かったです。

僕は朝スッキリと目覚めるために次のようなことをしていました。

・朝起きたらしばらく裸足でいる
・顔を洗う
・太陽の光を浴びる
・散歩に出る
・ソファに座らない

スリッパを履かずに裸足で床を歩くことで、足の裏が刺激されて目が覚めるそうです。
また、太陽の光を浴びると体内時計がリセットされるため、体が自ら起きようとするようです。

僕は妻が出勤したのを見送り、そのまま散歩に出かけるようにしました。
散歩から帰った後ソファに座ったら寝てしまうので、椅子に座ることもありました。
あまり眠りすぎると夜が眠れなくなってしまうからですね。

 

軽い運動をする

さらに余裕ができてきたら、筋トレジョギングなどの軽い運動ができると、なお効果的です。

僕は朝は20分ほどの散歩や軽い筋トレ、夕方にジョギングか散歩を取り入れていました。
汗をかくと気持ちがいいし、気分もリフレッシュできますよ。

運動して汗を流すと、夜にぐっすり眠れるようにもなるのでおすすめです。
反対に朝に激しい運動をしてしまうと、体温が上がって眠くなってしまうため、朝は軽い散歩程度がいいでしょう。

 

休職中にしておくと良いこと

太陽と向き合う少女

僕は休職は人生の大きなチャンスだと思っています。
休職期間ほど自分のために時間を使えることはなかなかないからです。
休職中だからこそできることもあります。

僕が休職期間に次のようなことをして、その後の人生が大きく変わりました。

・好きなことに熱中する
・いろんな人と会って話す
・ブログを書く
・今後の生き方についてじっくりと考える

休職期間は自分の好きなことを好きなだけできる時間であると同時に、今度の将来についてじっくり考えられる時期でもあります。
具体的にみてみたいと思います。

 

好きなことに熱中する

僕が休職中にした大きな発見は、自分の熱中できるものが見つかったことです。
時間を忘れて熱中できるものは、あなたが最も力を発揮できるものです。

「熱中できるものなんてないよ」っていう話ですよね。
僕もそんなものはわかりませんでした。
あまり難しく考えていたわけではなくて、「これをしている間だけは仕事のことを忘れられる」というものにひたすら時間を費やしたという感じです。

ちなみに僕はそれが漫画とブログでした。
大好きな「ONE PIECE」を読んでいるだけで頭の中は漫画の世界に没頭できたので、90巻以上の漫画を一気読みしました。
最後まで読み終えた頃には、少し元気も取り戻していたので、そこからブログに熱中していったという感じです。

復職に何度も失敗し、休職期間が長くなってくると転職も視野に入れなくてはならなくなります。
僕には、転職のあてなど何もありませんでした。
しかし、休職期間中にひたすらブログに熱中したおかげで、フリーランスのライターとしての今の働き方を手に入れることができたのです。

 

いろんな人と会って話す

休職中は、普段会えない友だちや長く会っていない知り合いに会ってみましょう。
あなたの悩みを聞いてもらえるのはもちろんですし、今後の人生のヒントをもらえることもあります。

「休職中に誰かとご飯を食べに行くのは気が引ける」と思うかもしれません。
しかし、あくまで休みなのですからそこは気にする必要はありません。
近場で誰かに会うのが不安なら、離れた場所で会えばいいだけです。

休みの合わない友だちと会ったり、職種の違う知り合いの話を聞いたりすると、本当にたくさんの刺激がもらえます。
自分だけで悩まずに、いろんな人に相談してみましょう。

 

ブログを書く

休職期間中は時間がたっぷりとあるので、ブログを書くのもおすすめです。
ブログは向き不向きがありますが、僕はハマり始めて人生が変わりました。

ブログを書いて僕が得たメリットは次のようなものがあります。
・自分の気持ちや考えを整理できた
・人の役に立つことができた
・文章の書き方が学べた
・マーケティングが学べた
・ブログを収益化できた

現在僕のブログはフリーランスの仕事の一部となっています。
収益化ができたことも大きなメリットですが、自分の人生が誰かの役に立つのが分かったのが大きな発見だと思っています。

ブログって、自分の人生の全てをネタにできるんです。
僕は適応障害ってマイナスのことしかないと思っていたけど、ブログを通して同じように悩んでいる人を救うことができるのに気がつきました。

最初は自分のこれまでの経験を綴る旅日記として始めたものでした。
大好きな旅の知識についてブログにまとめていくのに、時間も忘れて熱中することができました。
やがてそれが、読んだ人の悩みを解決するものになり、僕の生き甲斐の一つになっていきました。

SNSやYoutubeでインフルエンサーの方が活躍していますが、今の時代は誰もが自分のコンテンツを発信できる時代です。
ブログでは自分の人生がそのまま全て生かせるので、それは自分だけのオリジナルのコンテンツになります。
自分の発信が誰かの役に立つって思うと、ワクワクするんですよね。

とまぁ、そこまで考えなくても自分の考えを整理したり、学んだことをアウトプットしたりすることも大きな意味があります。
興味があったら始めてみることをおすすめします。

ブログについて詳しくはこちらの記事で語っています。

 

今後の生き方についてじっくり考える

休職期間が長くなってくると、今後の将来が心配になってくるでしょう。

休職というとどうしてもマイナスの響きを感じてしまいますが、仕事に悩み「もう無理だ」と限界を口に出せたことは大きな意味があります。
自分には向いていない働き方や、自分の限界を超えない働き方について真剣に考えてみましょう。

まず最初の選択は「復職」か「転職」のどちらかでしょう。
両方の未来を考えてみて、本当に自分の将来が幸せになる道を考えてみましょう。

 

参考までに僕は「転職」を選び、フリーランスになりました。

休職して改めて振り返ってみると、人生の多くの時間を仕事に費やし、自分や家族の時間を犠牲にしていました。
夜は遅くまで残業し、土日も出勤し、疲れて帰って妻と話す元気もなく。
家にいても頭の中は仕事のことでいっぱいでした。
全く幸せな人生ではなかったし、復職しても家族も不幸にするだけだと思いました。

そして、フリーランスという道を選びました。
給料はなくなるかもしれないけれど、家族の時間を優先できると思ったからです。

正しい選択であったかどうかは正直わかりません。
決断するのにも、長い時間を費やしました。
しかし、決断できてから心が軽くなったのを覚えています。

そして休職を経て選んだフリーランスの人生は、間違いなく休職前よりも幸せだと感じています。

 

答えが出るのには、時間がかかって当然だと思います。
じっくりと考えて、あなたが納得できる、後悔のない道を探しましょう。

 

 

休職中の過ごし方で人生が変わる

まとめ
・まずは無理せず布団の中でできることから
・元気が出たら生活リズムを整えよう
・休職中だからこそできることがある
・熱中できるものが今後の人生のヒント
・休職期間は人生の大きなチャンス!
はら
休職も人生のただの出来事の一つです。
その出来事を乗り越えて、素晴らしい人生を作る糧にしましょう。

 

<こちらもチェック>


 

<関連記事>

シェアしていただけると嬉しいです(^^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA