・ペルー

クスコでオカリナバスキングしてみた!結果はいかに?

更新日:

 

 

 

こんにちは、はらです(^^)

 

 

 

今回は、クスコに来て久しぶりに
オカリナを吹いてみました♪

 

さぁマチュピチュの登竜門である
この街でバスキング
(路上パフォーマンス)は
成功するのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

南米のバスキング事情

初めて南米にやってきて
チリのサンティアゴの街に着いたとき、
いろんなパフォーマンスをしている人が
たくさんいて、楽しげだったのを思い出します。

 

こういうのが受け入れられる愉快な
文化は素敵ですね。

 

ペルーではアレキパ に行った時に、
「サンドラの家」に一緒に泊まっていた
日本人の人たちも
バスキングをしている人がいました。

 

一人は巡回しているバスに乗り込み、
車内でギターを弾いて回る人。

 

もう一人の方は広場で折り紙を
売っていました。

 

南米でもこういう文化は
受け入れられているようです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

バスキングした場所

クスコでバスキングに挑戦した場所は、
サンタ・クララ教会の前。

 

アルマス広場からサンペドロ市場へ
向かう途中にある通りです。

 

サンペドロ市場も近く、
観光客や地元の人たちで溢れ、
とっても活気のある通りです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

クスコの街に受け入れられるか?

教会の前に座り込み、
オカリナを奏でてみます。

 

やっぱり初めての場所で演奏するときは
緊張しますね、、、。

他に誰も楽器やってる人なんていないし。

 

でも、やると決めたからには
やってやりましょう!

 

演奏してしばらくすると、
チャリン、チャリン、
興味を持った人たちが
少しずつ小銭を入れてくれました。

 

お、これはいけるんじゃないか?

 

冷ややかな目で見られることもなく、
興味を持ってもらえたようです!
(楽譜見てるから人の顔見てないけどw)

 

 

 

 

スポンサーリンク

1時間の成果

だいたい自分が吹いていて
気持ちいい時間が1時間。

吹きたい曲をだいたい吹けて
満足する時間ですw

 

これが大事。

疲れるほど吹かない。

自分がやってて楽しいのが一番です。

 

 

さて、とりあえず1時間吹いたところで
結果の方はいくらだったのでしょう?

 

宿に戻って数えてみたところ、、、

15ソルとちょっと!

だいたい500円くらいですね。

 

Casa del Inkaの宿代が
朝食付きで25ソル。

サンブラス市場で1食が6.5ソル。

夕食を10ソルくらいで食べるとして。

1日の出費は42ソル前後。

 

3時間オカリナを吹いたら
45ソルになると考えたら、
がんばれば1日分の
稼ぎにはなりそうですねw

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

そして、オカリナが、、、

メルボルンでオカリナが
真っ二つに割れたにも関わらず、
まだ鳴り続けてくれている
相棒のオカリナ。

 

ついに役目を終える時が来ました。

 

サンタ・クララ教会前でバスキングを終え、
サンペドロ市場の方へ
向かっている最中でした。

首からかけていた紐が突然切れ、
オカリナが飛んでいきます。

 

石の地面に叩きつけられたオカリナは、
もう真っ二つではすみませんでした。

 

 

無残にもバラバラに
なってしまったオカリナ、、、。

さすがにもう音は奏でられません。

ごめんね、相棒、、、。

 

思えば日本で購入し、
フィリピンで毎日練習したオカリナ。

オーストラリアでは真っ二つになりながらも、
南米へ来るための飛行機代を稼いでくれました。

 

自分の中のいろんな可能性を
広げてくれた相棒。

今まで本当にありがとう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

次なる相棒を探す

オーストラリアでも新しいオカリナを探して
いろんな楽器屋さんを巡ったけれど、
オカリナは置いていなかった。

南米に来てからもコチャバンバで
楽器のありそうなお店をのぞくも、
お土産のような小さなオカリナばかり。

 

 

クスコではサンペドロ市場の近くに
いくつかの楽器屋さんを見つけました。

 

そこで次なる相棒にと、選んだのが、、、

 

こちらのケーナです。
(小さいのは4つ穴のオカリナ)

ケーナはペルーやボリビアが発祥と
言われている南米の民族楽器。

構造は日本の尺八に似ていて、
これが吹けると尺八も吹けるように
なるかも?と思い、
挑戦してみることに。

 

しかし、これがまためちゃくちゃ難しい!

まともに音を出すことすらままならない。

 

なんとかドレミファソと音階を少し
鳴らすことができた程度で、
演奏というレベルに達するには
相当の練習が必要だと感じた。

 

世の中、なかなかうまくはいかんですね。

気が向いたら極めてみたいと思いますw

 

 

 

 

というわけで、
2週間滞在したクスコの町も
いよいよお別れ。

次回は、アメリカ行の飛行機に乗り込むため、
リマに向かいます!

 

 

 

 

南米編もいよいよラストに!

お楽しみに!

 

<こちらの記事も参考にどうぞ♪>

・クスコの歩き方♪〜見所スポット、オススメ市場とお店のまとめ〜

・クスコのグルメ〜世界でも指折りのペルー料理を堪能しよう!〜

・レインボーマウンテンへ〜7色に彩られる神秘の山〜

・ついにマチュピチュ遺跡へ!〜遺跡散策とマチュピチュ山登山ガイド〜

・マチュピチュ村の秘密〜日本人の初代村長が作り上げた村〜

・マチュピチュへの3つの行き方〜旅人はスタンドバイミーロードを辿るべし!〜

・ペルー第2の街アレキパ〜美しい世界遺産と食の街〜

・ボリビアからバスでペルーに入国!〜国境で気をつけるべき事〜

・ラパスの歩き方♪〜お土産は魔女通りで!?〜

・乾期でも鏡張りが見られる!?〜穂高ツアー日帰りウユニ塩湖〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-・ペルー
-, , , , ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.