・ペルー ・世界遺産

マチュピチュへの3つの行き方〜旅人はスタンドバイミーロードを辿るべし!〜

更新日:

 

 

 

こんにちは、はらです(^^)

 

 

 

いよいよ舞台はマチュピチュへ!

 

文句なしのペルー旅で
一番の目的!
いや、南米で一番と言っても
それは過言ではない。

 

旅人らしくマチュピチュへ
行く方法をまとめます。

 

※事前にクスコかインターネットで
 マチュピチュの入場チケットを購入しておくと
 よいかもしれません。

 

スポンサーリンク

マチュピチュへ行く3つの方法

クスコからマチュピチュまでは
約110km離れています。

マチュピチュへ行くには
3つの選択肢があります。

 

1、列車を利用する

2、クスコから歩いてマチュピチュへ向かう
  トレッキングツアー

3、バスで近くまで行き、歩く
  (スタンドバイミーロード)

 

それぞれのメリットとデメリット、
料金を比較していきます!

 

 

 

列車を利用する

列車が一番簡単に
マチュピチュを
訪れる方法です。

 

<メリット>

・安全にマチュピチュまで辿り着ける
・高級列車なので快適な移動ができる
・3つの手段の中で最も所要時間が短い
 →日帰りも可能
・プランによっては食事付き

 

<デメリット>

・料金が高い
・ハイシーズンは早めの予約が必要

 

滞在期間が短い旅行者の方々は
何も迷わずに
列車で行きましょう。

 

マチュピチュへの列車を
運行している会社は
ペルーレイルとインカレイルの2社。

 

歴史ある立派な列車
ペルーレイルは

乗る価値があります!

 

乗車駅は2社共にポロイ駅と
オリャタイタンボ駅の2箇所。

 

クスコからポロイ駅までは
タクシーで15分。
クスコからオリャタイタンボ駅までは
タクシーで1時間30分ほど。

 

列車の本数が多いのは
オリャタイタンボ駅になります。

 

列車での所要時間は、
・ポロイ駅→オリャタイタンボ駅
 約1時間40分。
・オリャタイタンボ駅→マチュピチュ駅
 約1時間35分となっています。

 

<料金>

ペルーレイルの料金(片道)
・エクスペディション
 US56$〜
・ビスタドーム
 US63$〜
・ハイラム・ビンガム
 US460$

 

インカレイルの料金(片道)
・エクスクルーシブクラス
 201ソレス〜
・ファーストクラス
 399ソレス〜

 

※料金は時期によって変動するので、
 公式サイトで確認してください。

 

ペルーレイル
⇒⇒⇒Train from Cusco to Machu Picchu, Puno and Arequipa | PeruRail

インカレイル
⇒⇒⇒▷ Train from Cusco to Machu Picchu | Inca Rail

 

 

 

(参考:「地球の歩き方 ペルー・ボリビア・エクアドル・コロンビア 2018~2019」)

 

 

 

お金を出しても大丈夫な人は
迷わず列車を選びましょう!

 

 

 

 

お金のないバックパッカーは
黙って次へ進む↓↓↓

 

 

 

 

クスコから歩いてマチュピチュへ向かうトレッキングツアー

クスコからマチュピチュまでの
110kmを3泊4日かけて歩きます。

 

<メリット>

・ガイド付き(英語orスペイン語)
・インカの歴史を詳しく知ることができる
・ツアー参加者と仲良くなれる
・インターネットから予約が可能

 

<デメリット>

・日数がかかる
・相応の体力が必要
・準備が必要
・料金が高い
・ガイドが英語orスペイン語
・1日に参加できる人数制限がある
・ハイシーズンは予約が必要

 

<料金>

ツアー会社や内容によって異なる。
US650$〜US780$程度。

 

欧米人の憧れだという
インカ道トレッキング。

 

時間に余裕のある歴史好きの方や
トレッキング好きの方は
ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

バスで近くまで行き、歩く
(スタンドバイミーロード)

僕はこの方法で行きました。

 

マチュピチュの近くの水力発電所まで
バスで移動し、そこから線路沿いを歩く、
いわゆる「スタンドバイミーロード」です。

 

映画「スタンドバイミー」を見ておくと、
より楽しめるかもしれませんね。

 

<メリット>

・料金が圧倒的に安い
・1日でマチュピチュ村まで行ける
・線路沿いの道を歩くのが楽しい

 

<デメリット>

・バスの乗車時間が長い
 (7〜8時間程度)
・悪路を延々と走る
・歩かなければならない
 (2時間半程度)

 

<料金>

・片道40ソル
・往復60ソル

 

往復でも2000円程度、
圧倒的に安いですw

 

貧乏旅バックパッカーは黙って
「スタンドバイミーロード」です。

 

ちなみに僕は帰りに
ペルーレイルにも
乗ってみたかったので、
片道で買いました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スタンドバイミーロードで行ってみた

スタンドバイミーロードで
マチュピチュ村まで向かい、
翌日にマチュピチュ遺跡を訪れます。

 

クスコでの申し込み方法

まずは現地のツアー会社に行って、
バスの予約をしましょう。

 

「Hidroelectrica
(イドロエレクトリカ/水力発電所)」
までバスで行きたいと伝えればOK。

 

この方法でマチュピチュを目指す人は
めちゃくちゃたくさんいるので、
これだけ伝えればわかってもらえます。

 

どこのツアー会社も値段は
同じようなものでした。

 

朝8:00出発の便を予約します。

 

 

 

虫除けがあれば
用意をしておきましょう。

スタンドバイミーロードでは
大量の虫がいます。

 

 

 

まだ映画「スタンドバイミー」を
見たことない方、
まだ間に合います。

今すぐアマゾンプライムを登録して、
見ておきましょう!

(※Amazon Primeで見られるのかは不明)

 

 

 

 

当日のピックアップ

当日はアルマス広場の
マクドナルドの前で
拾ってもらいました。

 

大きな荷物は宿で
帰ってくるまで預かって
もらえました♪

 

たくさんのコレクティーボが
来るので、自分の名前が呼ばれるまで
辛抱強く待ちましょう。

 

8:00を過ぎて、まだ呼ばれなくても、
焦らず待ちましょう。
時間に遅れるのは南米の日常です。

 

そして、
「そろそろツアー会社に
電話してやろうか」、
というくらいに呼ばれたら、
おめでとうございます!

無事に出発です!

 

 

 

 

発電所までの道

発電所までは相当な
悪路になります。

 

もはやデスロードではないかと
見間違うくらいの崖っぷちを
猛スピードで走っていきます。

 

この道を7〜8時間走るわけです。

 

まぁ地獄ですね。
乗り心地は最悪。

 

しかも僕は窓際じゃない方の
席に座ったので、
車体が大きく揺れると
転げ落ちそうになる。

 

この長い時間、
とても眠れるような状態では
ありませんでした。

 

 

 

途中、トイレ休憩に
一度だけ停まりました。

 

 

 

 

線路沿いを歩く

水力発電所付近に到着。

時間は15時40分。

 

おめでとうございます!
地獄のコレクティーボを
乗り越えたら、
あとは歩くだけです!

 

もう大丈夫、このコレクティーボを
乗り越えたあなたにとって、
2〜3時間歩くくらい屁の河童です。

 

 

 

さっそくペルーレイルの
おしりが見えます。

 

 

 

この線路脇に並んでいるテントは
全部お店です。

 

僕はここでバナナを買いました。
なんせお腹が空いていたので。

 

バナナは大好きです。

 

 

 

ここまで来て、
「もう歩くのは嫌だ」と
感じたあなたに朗報!

 

ペルーレイルのチケットを買って
サクッと何事もなかったかのように
ペルーレイルに乗ることもできます。

 

「私もペルーレイルで優雅に来たのよ」
って感じでさりげなく
乗り込んじゃってください。

 

 

 

ここまで来て、
死んでもそんなことは
しませんでしたけどねw

 

 

 

 

さぁ、休んでいるような場所もないので、
すぐに出発します!

自分の足で歩けるって素晴らしい!

 

 

ここから先、
虫除けをしてから
進みましょう。

小さな虫が大量に飛んでいるのですが、
後から見たら身体中
虫刺されだらけでした、、、。

 

 

 

「ここではNintendo Switchは繋がりません。」
ではなく、イヤホンをしながらの
トレッキングは禁止です。

 

なぜなら列車が普通に通るからです。

 

 

 

 

ここは、行き止まりに見えますが、
実は大事な場所。

列車は前に進んだり、バックしたりを
繰り返しながらジグザグに坂を
上っていくんですね。

列車が山を上るのも大変です。

 

 

 

こんな感じで、一本の線路を
切り替えながら列車は上っていきます。

 

 

 

この看板が見えたら、
文字が読めなくても従いましょう。

マチュピチュへの近道です。

 

 

 

本当にたくさんの人が
歩いていますね。

そりゃあ安いもの。

 

 

 

カクカクのトンネルを越えて、
しばらく歩きます。

 

 

 

お、噂の鉄橋が見えて来ましたよ!

映画「スタンドバイミー」を
彷彿させますね。

 

 

 

きちんと隣に歩道が
用意されているのでご安心を。

映画のように列車から
走って逃げなければいけない
ようなことになりません。

 

 

 

景色も壮大できれいです♪

 

 

 

さらに進んでいくと、
レストランやバーがあります。

いくら疲れてもここで
お酒は飲まないかなw

 

 

 

と言いつつコーラを買う。

 

 

 

がおーっ。
なんだお前は。

 

 

 

絶景の景色が続きます。

 

 

 

キャンプ場があり、
キャンプもできるみたいです。

 

 

 

時々ペルーレイルが通ります。

 

 

 

ややっ!
山の方に遺跡らしきものが!

これはマチュピチュが
近づいて来た証拠です!

 

 

 

轢かれんなよ〜い。

 

 

 

線路の道が終わり、
橋に到着しました!

ここまで来ればマチュピチュ村は
もう目と鼻の先です。

 

 

 

少し歩くと、
何やら遠くに建物が見えます。

 

 

 

マチュピチュ村に到着!

2時間半の坂道トレッキング、
お疲れ様でした!

 

時間は18時過ぎ。
日が傾いています。

 

 

 

ペルーレイルもしっかりと
マチュピチュ村に到着します。

 

 

 

 

マチュピチュ村についたら、
マチュピチュ入場チケットと
遺跡へのバスチケットの購入を
忘れずにしておきましょう!

 

⇒⇒⇒マチュピチュ村でのチケット購入方法まとめ!

 

 

 

 

では、次回は
マチュピチュ村の紹介を
していきたいと思います♪

 

 

 

ではまた〜(^^)

 

<こちらの記事も参考にどうぞ♪>

・クスコの歩き方♪〜見所スポット、オススメ市場とお店のまとめ〜

・クスコへ〜高級バスOltursaとおすすめ宿「Casa del Inka」〜

・アレキパの日本人宿「サンドラの家」〜愛情たっぷりのペルー家庭料理が最高の宿♪〜

・ペルー第2の街アレキパ〜美しい世界遺産と食の街〜

・プーノ観光〜チチカカ湖に浮かぶ人口島「ウロス島」は意外と現代的!?〜

・ボリビアからバスでペルーに入国!〜国境で気をつけるべき事〜

・ラパスの歩き方♪〜お土産は魔女通りで!?〜

・乾期でも鏡張りが見られる!?〜穂高ツアー日帰りウユニ塩湖〜

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-・ペルー, ・世界遺産
-, , , , , , , ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.