〜フィリピン留学から世界へ〜

はらブログ

オーストラリア

ブルーム④〜海に沈む日本軍の戦闘機〜

投稿日:




どうもこんにちは、はらです(^^)


いよいよブルームを出発する日が近づいてきました。
大好きな町なだけに寂しいですね。


今回は第二次世界大戦中に墜落した日本軍の戦闘機を見に行きます。

月への階段や足跡の化石のような情報があまりネットにも出ていないので、正確なことはわかりませんが、、、。

戦闘機はタウンビーチ沖に沈んでいます。
普段は海の底にあるのですが、潮が一番引いている時、数時間だけ見ることができるのです。

ビーチから歩いて小一時間かかります。
朝、早起きして行ってきます!




さあ、以前「月への階段」を見たタウンビーチです。
今日は朝日とご対面。


一緒に宿に泊まっていた日本人と一緒に戦闘機探しに出発です!


「月への階段」の幻想的な光景を作っている遠浅のビーチです。
潮が引いていき、遠くまで泥の地面が広がっていきます。

泥に足をとられながらも、頑張って歩きます。
思っていた以上に遠い遠い、、、。

かかとのないサンダルはすぐに足をとられてしまい、ダメでした。
サンダルを手に持って、裸足で進みます。
時々足の裏がチクチクします。

歩くなら、かかとのあるサンダルがおすすめ!



後ろを振り返ると、出発したビーチがあんなに遠くに!
自分の足跡が残っています。
なかなかスタスタとは歩けないので、思った以上に進むのが辛いです。
一人だったら心が折れていたかもしれません(笑)

ここに「月への階段」が現れたんですね。




さあ、いよいよ到着しました!
疲れた、、、笑




これが墜落した戦闘機です。
プロペラ(?)の部分でしょうか。
機体がバラバラになって近くに散らばっています。



これが50年以上も前からずっと海に沈んでいたのですね。
なんだか歴史を感じます。



寂れてボロボロになっていますが、50年前に実際にこれが空を飛んでいたのですね。
「永遠の0」を思い出します。
命をかけて戦った日本兵が乗っていたのでしょう。



戦闘機のコックピットの部分です。
ちなみに後ろに見えるようにホバーボートでここまでやってくるツアーもあります。
お金を出せるなら確実に楽に行けるでしょう。

さあ、ここから歩いて海岸を目指すのですが、既に少しずつ水位が上がってきています。
行きよりもスピードをあげて急いで帰りました。
ゆっくり見ていると本当に帰れなくなってしまいそうです、、、。




何十、何百という戦闘機がダーウィンやブルームの上空を飛んでいたのだと思うと、恐ろしいことですね。
当時の日本軍の攻撃が生々しく感じられる光景です。

かつてブルームの人々と日本人が協力して築き上げた真珠の文化。
その後、戦争で戦った日本とオーストラリア。

日本軍から攻撃を受けたブルームの人たちは一体どんな思いでいたのでしょうか。
日本と戦った歴史があったにも関わらず、かつての日本人の石碑や日本人墓地が残っていることは、本当にすごいことだなと、改めて感じます。

今現在、こうしてShinju Matsuriが開かれているということは、日本との関係が良好になったことを表しているのでしょう。
ダーウィン、ブルームと旅をしてきて、日本の知らない部分もたくさん知ることができました。









と、いうことで、実はこの日は僕の誕生日でした。

夜に宿の日本人のみんながお祝いをしてくれました(^^)
初めての海外での誕生日、たくさんの仲間に祝ってもらうことができました♪



料理人を目指してオーストラリアで仕事を探している男性に焼いてもらったBBQ!
肉の焼き方にもこだわりがあって、最初は強火で両面を焼いて、あとは弱火でじっくりと焼くんだそう。
BBQのコンロでこんなことができるとは!
めちゃくちゃおいしかったです♪




そんなこんなでブルームで過ごす日々はとても幸せな日々でした。
ブルームでの日々は観光ももちろんですが、出会いも含めて最高でした。




次回からはブルームのまとめをして、西海岸を縦断していきます♪


ではまたお楽しみに(^^)!


-オーストラリア
-, , , , ,

Copyright© はらブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.